藤棚地区センターの基本方針

藤棚地区センター(以下、地区センターという。)は、施設の管理運営という視点だけではなく、地域の住民が自主的に活動し、スポーツ、レクリエーション、講演会、研修会、サークル活動などを通じて、相互交流を深め、喜びの感動を体験できる施設となるように以下の基本方針を定めます。

  1. 地区センターは、センター委員会や利用者会議その他アンケート等のモニタリングにより多角的に利用者のニーズを察知し、様々な生の声や提案等を管理運営に反映させるように努めます。
  2. 地区センターは、幅広い年齢層や多種多様なニーズに対応した事業を展開し、地域の人々が集い楽しめる多彩な事業を企画します。また、これらの事業を通して形成された自主グループの支援や地域リーダーの育成を目指す場とします。
  3. 地区センターは、高齢者や障害者、子ども、外国人など、誰にでも明るく丁寧な対応=「ユニバーサルサービス」を心掛け、利用者が満足できるホスピタリティマインドあふれる運営を目指します。
  4. 地区センターは、「利用者はお客様」という気持ちと、自分自身が受けたらうれしいと思うサービスを提供するという意識を常にもって運営していきます。
  5. 地区センターは、施設の利用に関しては、個人・団体に関わらず、公正で公平な利用を行っていきます。
  6. 地区センターは、各室の稼働率アップと経費をできるだけ切りつめた低コストの管理運営をサービス向上と連動させながら行っていきます。
  7. 地区センターは、省資源・省エネルギーの推進やグリーン購入、ヨコハマG30への取り組みなどを通して環境にやさしい「施設環境づくり」を推進していきます。
  8. 地区センターは、個人情報の保護の重要性を認識し、個人情報保護法関係法令に基づいて、個人情報の保護に努めます。
  9. 地区センターは、日頃から緊急時の対応について、正しい知識を身につけ、危険予知能力、危険回避能力、事故時の対応能力を高めるように努め、職場全体で安全意識の高揚を図ります。
  10. 地区センターは、各種サービス及び管理運営内容の質をあげるため、事業の実施や接客応対、設備管理等、全ての面にPDCAサイクル(計画→実践→評価→改善)を取り入れます。

Top